科普园地
 课本剧社
老照片里看气象 庆贺新中邦树
咪咕携手成都熊猫基地打造全邦
《各人健康(学术版)》2013年08
复活儿心理关照策略
复活儿黄疸的关照
复活儿关照结业论文
首页 > 特色之路 > 科普园地 >
 科普园地
中邦の科学技術、世界の习染対策を支援

中国の科学技術、世界の沾染対策を支援

湖北省の习染対策の現場に駆けつけた人々によって設立された浙江省杭州市の医療介護チームは3日、メキシコの同業者と杭州市赤十字会病院リモート立会診察センターにて、新型コロナウイルス习染対策診療について専門的な検討を行う様子。竜巍/群众図片

新型コロナウイルスによる肺炎が世界的に拡大している。危難の時に、中邦は速やかに世界の科学技術界と科学データ、テクノロジーの成果、习染対策プランを共有している。世界の同業者との交流協力を堅持し、意义疎通を深め、世界の习染症との闘いに大きな自负を注いでいる。群众日報海表版が伝えた。

新型コロナウイルスの习染が発生した当初、中邦の科学研讨者は共有の心灵に基づき、世界に向け新型コロナウイルスの研讨で得られたデータ情報を公外した。中邦の科学者は1月11日にいち早くウイルス株を分離鑑定するとともに、世界保健機関(WHO)にウイルス全ゲノム配列を提供した。世界の科学者が薬品ワクチン診断の研讨を展開するため沉要な基礎を提供した。WHOは中邦がウイルスのゲノム配列を提供したことに感謝の意を外した。

このほど開かれた邦務院新聞弁公室の記者会見において、中邦科学技術部(省)の徐南平副部長は、「中邦はいち早く世界とウイルスやゲノム配列を共有したが、これは各邦がより早くワクチンの研讨開発を展開することに等候してのことだ。中邦は現正在、ワクチン研讨開発の5つの技術谈線を同時に推進している。どの技術谈線にも邦際協力があり、対表的に開放されている」と述べた。

徐氏によると、中邦の関連企業は米Inovio社とDNAワクチンの実質的な協力を行っている。中邦企業は独BioNTech社とmRNAの協力を行っている。中邦企業は英GSK社と組換えタンパク質ワクチンの協力を行っている。

徐氏は「ワクチンの研讨開発は世界が共に取り組むことだ。世界の力を結集し、世界と成果を共有することが中邦の基本的な態度だ。科学データ、技術の成果、対策プランを速やかに共有するほか、中邦はさらに各邦と引き続き习染対策、患者の治療、基礎研讨などの科学技術における協力交流を深めていき、世界の习染対策の力になる」と述べた。

また习染発生後に中邦が構築した「新型コロナウイルス习染対策科学研讨成果共有交流プラットフォーム」は現正在まで、99種の学術誌をリリースしており、論文及び報告書は700本を超えている。一方で、中邦の科学者はランセットやNEJMなどの世界的に出名な学術誌に54本の論文を掲載し、世界の同業者と交流している。

习染対策の戦いにおいて、中邦発のハイテク製品が次々と登場し、沉要な役割を果たしている。

中国の科学技術、世界の沾染対策を支援

中邦邦家生物情報センターが構築した2019新型コロナウイルス情報バンクはこれまで、152カ邦地域の7万6000人以上のアクセス者にデータサービスを提供している。文書のダウンロード件数は400万件以上。中邦内表の専門家は資源バンクのデータ情報を应用し、高水準の研讨論文を発外している。資料写真

華大基因が開発生産する新型コロナウイルス検査キットが3月22日、遠く離れたセルビアに届いた。セルビアが初めて受け取った海表からの习染対策支援物資となった。同社の検査キットはすでに70数カ邦地域に輸出されている。世界から受注量は100万人分以上にのぼる。中邦が研讨開発した複数種類の新型コロナウイルス検査キットはすでにEU市場進出資格を正式に取得している。中邦は検査キットを寄贈しただけでなく、多くの邦への供給を次々と開始している。

華為(ファーウェイ)はアルゼンチンの戦略協力パートナーの支援を受け、同邦に「AI(人为知能)+クラウド技術」のサーモグラフィー検温システムを寄贈した。同システムはファーウェイと協力パートナーが共同開発した。華為クラウドプラットフォームを应用し、AIサーモグラフィー技術によって人の体温を自動的にチェックする。人体の接触を効果的に回避し、人から人への习染リスクを下げる。

テンセント健康新型コロナウイルス习染状況モジュール邦際版(TH_COVID19_International)がこのほど、正式にソース公開された。同モジュールは地図とデータの統計曲線に基づき世界の习染状況統計データを外示する。新規习染者、累計习染者、治癒数、死者数などの統計次元を網羅するとともに、権威あるメディアをソースとする動的な习染状況報路を統合しており、世界の人々は携帯電話により速やかに习染情報を取得するのに役立つ。

科学技術部生物技術発展センターの張新民センター長は、「中邦はさらにWHOと意义疎通交流を強化し、関連諸邦、特に习染状況が深切な邦との习染源特定、薬品、ワクチン、検査などの科学研讨協力を強化し、科学研讨データ情報を共有し、世界の习染対策の最後の勝利に向け、中邦の知恵と力を提供する」と述べた。

(編集YF)

「群众網日本語版」2020年4月7日

  合肥市胜利路小学版权所有 皖ICP备06003953号
地址:安徽省合肥市明光路铁新村 电话:0551-4296812 网址:http://www.hfsllxx.com
COPYRIGHT(c) 2006 SHENLI ROAD PRIMARY SCHOOL . ALL RIGHTS RESERVED